体験記

念願の志望校合格!!(高校合格体験記)

牛久市ひたち野うしく地区で、生徒様との"きずな"を大切にする「ひたち野きずな塾」です。

中学3年生の1月時点で、かなり合格が難しいと言わざるを得なかった生徒様が見事、念願だった県立の志望校に合格されました。

その生徒様の合格体験記をお送りしたいと思います。

 

☆ ☆ ☆ 信じられない、 うれし涙があふれた合格発表 ☆ ☆ ☆

私は中学2年生の夏休み頃からひたち野きずな塾に通い始めて、約1年半にわたってお世話になりました。

 

私は中学2年生になってから、学校に行くのが嫌になりかけていました。

勉強が分からなくなってきていたことも、その理由の一つでした。

塾に行くのも嫌でした。

でも、ある日、母が探してきた塾のホームページを見たら、この塾なら行ってもいいかもしれないと直感的に思いました。

 

先生のお話しを聞いて、私はひたち野きずな塾に入塾することを決めました。

ひたち野きずな塾は先生がとても気を配って下さり、優しくて安心できました。

また、いつも前向きで、たくさんほめてもらえるし、ポジティブな言葉をかけてくれるので、受験勉強でくじけそうになる度に、私を何度も前向きにさせて下さいました!!

 

3年生になっても私は数学がとても苦手だったけど、最後はすごくできるようになったのがとても嬉しかったです!(^^♪

先生の授業はとても丁寧で、特に数学の難しい問題は理解できるまで何度もゆっくり説明して下さり、よく理解できました!!

また、授業ではおもしろいことがたくさんあって、受験勉強の中でもたくさん笑えて楽しかったです!!

 

県立高校入試前では私の家族でさえもあきらめる中、先生は決してあきらめることなく、私を叱咤激励し続けて下さいました

そして、届かないと思っていた志望校に合格することができたのです!

合格発表の番号を見た時には涙がこみ上げてきました。

本当に嬉しかったです!!

高校でも勉強がんばりたいと思います!

どうもありがとうございました。

 

<塾長より>

受験する県立高校で悩みながらも、自分が行きたいと思う学校に行きたい!という思いが強くなっていることを感じ取りました。

ただ、勉強に対してはなかなかエンジンがかからず、時間が過ぎていったように思います。

そこで、私立受験を終えた後、1月後半からの怒涛の特訓を行いました。

それまでほとんど手を付けていなかった科目を勉強することで、得点源を増やし、合格を少しでも手繰り寄せるべく、連日の特訓を行いました。

できなかった数学の問題を完全に自力で解けた時の自信に満ちた笑顔を忘れることができません。

だんだんと力が付いてきていることも感じられました。

最後の追い上げが効いて、見事に念願だった志望校に合格したのでした。

いろいろな面で成長したことと思います。

入学した高校で、はつらつと頑張っていると聞き、とても嬉しい思いです。

-体験記

© 2022 茨城県牛久市 ひたち野きずな塾