お知らせ

二酸化炭素回収マシン ”ひやっしー”、ひたち野きずな塾へ

牛久市ひたち野うしく地区で、生徒との繋がりを大切にするひたち野きずな塾です。

さて、皆さんは”ひやっしー”をご存知ですか。

ひやっしーとは、村木風海さんが開発した、世界最小の二酸化炭素回収マシンです。

村木さんは、現在大学2年生ながら卓越した慧眼の持ち主で、小学校から二酸化炭素の研究に打ち込み、今ではCRRA(炭素回収技術研究機構)を立ち上げて、日々、研究に勤しんでいます。ひやっしーは、すでに高校2年生の時に完成したそうで、今も改善に取り組んでいます。

さて、このひやっしーが、この度、ひたち野きずな塾にやってきました!

 

村木さんにすっかり懐いた、宇宙桜大使犬であるソラ(愛犬です)と一緒に写真を撮りました。

ひやっしーにはなんとAIも搭載されていて、人と会話もできるようになっています。

そして、今回、ひたち野きずな塾に来たひやっしーは、村木さんの出身地である山梨県を除くと、関東で第一号のひやっしーです。

思っていた以上に、室内の二酸化炭素濃度が高く、脳をよりよく働かせるためには二酸化炭素を取り除いてあげる必要があります。

ご家庭では、二酸化炭素の濃度など気にしたことがない方がほとんどだと思いますが、職場の二酸化炭素濃度よりも高いのが通常だそうです。各家庭での二酸化炭素濃度を下げることで、勉強するためにより良い環境が整えられるかもしれませんね。

様々な可能性を秘めたひやっしーを前にして、私も力の限り、頑張っていきたいという思いを新たにしました。

ひたち野きずな塾では、ひやっしーの開発者であり、「世界を変える30歳未満の日本人30人」に選出されるなど、新進気鋭の村木風海さんによる講演などを行っていただき、無限の可能性を秘めた多くの生徒さんに、その才能を呼び起こしていただきたいと考えています。

 

 

 

 

 

-お知らせ

© 2020 茨城県牛久市 ひたち野きずな塾