体験記

得点アップの事例(中学3年生)

牛久市ひたち野うしく地区で、生徒様との”きずな”を大切にする「ひたち野きずな塾」です。

中学3年生の皆様は、部活動の最後の大会時期を迎えている頃と思います。

そして、それらの大会が終わると、次は受験生として入試に立ち向かうことになります。

部活動同様に、思い切り、自分の力を発揮していただきたいと思います。

 

さて、今回は、ひたち野きずな塾に中学3年生から入塾された生徒様の大幅な得点アップの事例をお伝えしたいと思います。

 

<事例1>

大手塾に通われていたものの、だんだんと5教科の合計点が下がってしまい、ついには280点ほどに。。。

7月末に入塾して下さいまして、補講をしながら、弱点を克服していきました。

その生徒様の理解度をよく見ながら、ちょうど合っている難易度の問題を解いていきました。

そして、11月の模試では100点アップの382点を取りました。

入試まで頑張り続けて、ついには偏差値60を超える高校に入学されました。

 

<事例2>

もう受験も近くなってきた11月に入塾されて、その時の5教科の点数は280点。

それまでに通われていた大手塾の様子を聞くと、その生徒様にとっては出される宿題が多すぎて、よく分からない問題をひたすら時間をかけて考えるという状態でした。

ただやみくもに難しい問題をやっているだけでは、当然、大切なポイントを理解するというところまでは至りません。

この生徒様の場合には、もう入試までに残された時間はありません。

まずは11月下旬に行われる模試で挽回を図るために、モーレツな補講を通して苦手箇所の発見と克服に努め、こちらも100点アップの380点まで急上昇できました。

年末年始も頑張って、11月上旬時点に希望していた高校に、見事、合格することができました。

 

ひたち野きずな塾では、宿題量は驚くほど少ないですが、問題を解くカギを理解することで、効率よく実力を向上することができています。

上述の事例でも、生徒様の頑張りのもと、地に足を付けた勉強を続けて、大幅な得点アップが実現できたと思います。

『やる気はあるのにどうも成績が伸びない』という生徒様には「ひたち野きずな塾」がお力になれる可能性があります。

ぜひ、お気軽にご相談下さい。

-体験記

© 2021 茨城県牛久市 ひたち野きずな塾