体験記

中学合格体験記☆保護者様と生徒様より

牛久市ひたち野うしく地区で、生徒様との"きずな"を大切にする「ひたち野きずな塾」です。

 

昨年末、ひたち野きずな塾開塾以来、通塾して下さっていた生徒様が、見事、自分で決めた志望校に合格することができました。

保護者様と生徒様の合格体験記をお届けします。

 

☆☆☆ ひたち野きずな塾と家族で頑張って手にした合格(保護者様より)☆☆☆

息子は小学4年生の時にひたち野きずな塾の開塾時から古川先生にお世話になっています。息子はとにかく集中力がなく、いつも先生に注意されてばかりでした。

そんな息子が中学受験をしました。その体験記を記したいと思います。

 

小学4年生の頃は親としては中学受験をして色々な事を経験し、広い視野を持って欲しいと漠然と考えていましたが、本人には全くその気はなく、時だけが過ぎていきました。

ですが、ひたち野きずな塾に行くことは大好きでした。そのため、小学6年生から始まった表現力・分析力向上コースにも通うことにしました。とても楽しく通ってはいたのですが、まだ受験する雰囲気や気持ちではなかったように思います。

 

中学受験のタイムリミットが近づいてくる中で、古川先生にご相談したところ、古川先生から「本人にやる気がないと受験は絶対に成功しないんです。たとえ運よく合格したとしても入ってから頑張れなかったり、燃え尽きてしまったり。反対に本人がやる気になった受験は、たとえ合格できなかったしても、その経験は次に活きてきます。」というお話しを伺いました。

 

いつまでたってもやる気にならない息子を見て、これは無理だなぁと思い「受験しなくてもいいから。地元の中学に行って高校受験をしなね。」と伝えました。

すると、そこで息子は色々と考えたようで「受験する」と言い出し、スイッチが入ったのです。

この時すでに秋になっていました。

 

何しろやらなければいけない事が多く、古川先生にお願いし、ひたすら特別授業をして頂きました。

国語も苦手だったのですが、受験には国語は絶対に必要です。特別授業を何度もしていただいた結果、おどろく程に国語ができる様になり、文章力もつきました。

さらに大きな変化がありました。自宅でも一生懸命に勉強に取り組むようになったのです。塾で解いてきた問題を自宅でももう一度、自主的に解いてみるということが増えてきました。夜になると、仕事から帰ってきた父親とも毎日一緒に勉強するようになりました。これまでになかったような親子の信頼関係が築くことができました。

入試には面接試験もありましたが、ひたち野きずな塾で面接練習も何度もしていただきました。息子が知らない大人の人によるオンラインでの面接練習を受けることで、本番に向けた準備をすることができました。本番では落ち着いて臨めたようです。

 

そして入試を受け、無事に合格する事が出来ました。

今思う事は、「本人のやる気」がなかったら、受験勉強に耐えられなかっただろうなという事です。集中力のない息子に、常に優しく根気強く向き合って下さった古川先生には感謝してもし切れません。本当にありがとうございました。

 

 

☆☆☆ 受験を終えて(生徒様より)☆☆☆

ぼくは、今回、中学受験をしました。

受験しようと思った理由は、色々な体験ができる学校に進みたかったからです。ぼくは受験をする決心が遅く、スタートが遅れてしまったので、取り戻すのが大変でしたが、家族と先生の励ましもあり、やり切ることができました。

決心してからは、先生や家族と必死で勉強し、家でも必死に予習・復習をし、何とか合格することができました。

ぼくは受験を通して、あきらめないことと勉強の大切さを学びました。

中学へ行っても、自分の学力をもっと伸ばしていきたいです。

古川先生、ありがとうございました。

 

 <塾長より>

本格的な受験準備を始めたのが秋頃からで、残り期間が極端に少なく、戦略を考えてから入試対策を行いました。それまでに、ひたち野きずな塾も通常授業と表分コースで基礎力は付けていましたので、不足していると思われた点を強化して、あとは入試問題に慣れることと、モチベーションを維持することに注力しました。

中学入試は無理に受ける必要はありませんが、受験することを受験生本人が決めたのなら、それは一気に意義深いものになります。目標に向かう力と自己管理能力が飛躍的に身に付くのです。授業中の発言を聞いていても、本当に視野が広くなったと感じます。しかも前向きな未来志向の発言が多く、これが受験勉強を乗り越えた証だと確信しています。

-体験記

© 2022 茨城県牛久市 ひたち野きずな塾